クラウド対応開発事例

クラウド対応開発事例

弊社では、オンプレはもちろんのこと、クラウドサーバを利用しての開発も多数行っております。
クラウド環境の構築から対応可能となり、クラウドサービス業者のサービスをフルに利用することで、
クライアント様が実現したいことを、クラウドサーバを利用して安価で、スピーディーに対応可能となります。

大手出版社様 ニュース配信メディア

  • AWSの活用

    CloudFront、CloudWatch、EC2、RDS、Route 53、ACM、SES、S3、WAF & Shield
    CloudFrontによるCDN機能による、オリジンWEBサーバでの処理負荷の軽減を実現
    MultiAZによる障害耐性の向上
    ACMによるSSL証明書取得煩雑性の簡略化と自動更新機能による有効期限切れリスクを回避
    WAF & Shieldによる攻撃アクセスの検知とブロック

  • AMPへの対応

    Google検索結果のカルーセルに掲載されることでのサイトアクセスとGoogle評価のアップ

  • Youtubeへの動画投稿

    CMSからYoutube連携APIを通じての動画直接投稿機能

  • 外部サービスとの連携

    Twitter/Facebook/LINE/OptaSDAPI/DAZN Player
    Twitterから任意のハッシュタグでツイートをリアルタイムに収集してサイト掲載する事で、「今」盛り上がっている話題のライブ感を演出
    Yahoo!ニュース/SmartNewsへ記事を配信する事でのアクセスアップ

大手精密機器メーカー様 ユーザー認証情報管理システム

  • AWSの活用

    Amplify、API Gateway、CloudFront、CloudWatch、Cognito、DynamoDB、Lambda、SNS、S3、WAF & Shield
    サーバーレス構成を採用する事で、インフラ構築や運用保守コストをカット
    AmplifyやCloudFormationによるAWS環境の自動デプロイを実施する事で、ローカル/開発/検証/本番環境の構築コストをカット
    AWS SAM Localを利用してローカル環境で仮想AWSサービスを構築する事で、複数人での開発効率がアップ
    React-Reduxを用いてのSPA(Single Page Application)で、モダンな実装を実現

大手出版社様 ニュース配信アプリ(iOS/Android)

  • AWSの活用

    API Gateway、CloudFront、CloudWatch、Cognito、Lambda、Route 53、SES、SNS、S3
    API Gateway/LambdaでビジネスロジックをAPIとして実装する事で、追加改修が容易に対応可能(アプリ再ビルドやストア申請が不要)
    また、物理サーバを持たないため、リソース確保の柔軟性が上がりインフラ設計や構築フェーズの負担が軽減
    SESやSNSを利用する事で、メールサーバを持たずにアプリユーザへメール送信が可能

  • ハイブリッドアプリ開発

    cordovaで開発、1つのプログラムでiOSとAndroidアプリを実装できるため、開発効率がアップ
    cordovaプラグインを用いる事で、様々な要件に柔軟に対応可能

  • 外部連携

    Firebaseを基準にCMSから任意のタイミングと内容でプッシュ通知を送信する事で、アプリユーザへの訴求力をアップ

大手出版社様 有料ニュース配信メディア

  • AWSの活用

    CloudFront、CloudWatch、EC2、RDS、Route 53、S3、WAF & Shield
    EC2をAutoScaling対応させる事で、計画的な台数コントロールやインスタンスサイズの調整が可能となり、
    急なアクセス増によるサーバーダウンの危険性を回避し、低負荷時は最小のサーバ構成で稼働するためトータルコスト減を実現
    MultiAZによる障害耐性の向上
    WAF & Shieldによる攻撃アクセスの検知とブロック

  • WordPress

    プラグインを利用する事で開発効率のアップを実現
    プラグイン脆弱性発生時もアップデート機能で簡易に対応が可能
    プラグインを独自に拡張する事で、様々な要件に柔軟に対応可能

  • 外部サービスとの連携

    Cxenseを利用する事で、記事レコメンドやダイナミックペイウォールの機能を実現
    Yahoo!ニュース/SmartNewsへ記事を配信する事でのアクセスアップ
    GMOペイメントゲートウェイ決済を利用する事で、継続課金/キャリア決済/クレカ決済に対応

  • 開発環境

    Docker/vagrantなどの仮想環境を構築する事で、複数人での開発効率がアップ

お問合せはこちら